シックハウス対策

ホーム > シックハウス対策

シックハウス対策

シックハウス対策

シックハウス症候群という言葉をご存知ですか?

建材から発生する化学物質(ホルムアルデヒドなど)が原因で、様々な不快な症状を引き起こす現象のことです。
特に化学系の塗料や木材を使用した建材にはこの症状が多く見られ、小さなお子様をお持ちのご家庭やアレルギー体質の方などにとっては深刻な問題です。

シックハウスにお悩みの方へおすすめなのが、
最近話題の「自然素材を利用した健康住宅」です。

自然素材とは?

自然素材とは?

自然から生まれた、無垢の素材のことを自然素材と呼びます。最低限の加工を施しただけで、後は一本の木から作られた無垢材、ケイソウの化石からできた珪藻土、漆喰などがそれです。

自然素材を利用した住まいには

  • シックハウス対策ができる
  • 自然の暖かみのある家で生活できる
  • 調湿性能や吸着性能など、自然素材ならではの性能を持つ建材が住まいを守る

などの特徴があり、皆さんの快適な暮らしをサポートします。

無垢材

無垢材

複数の木材を繋ぎ合わせて作られた「集成材」や人工木に対し、自然から生まれた木に最低限の加工だけを施し建材として使われているものが無垢材です。
天然の木には杉、ヒノキ、ナラ、パインなどたくさんの種類があり、それぞれが独特の香りや外観で住む人たちを和ませてくれます。

また、年数が経てば建つほど古く汚れてくる人工の木材と違い、本物の木は歳月を重ねるほど味わい深くなっていきます。

珪藻土

珪藻土

珪藻土はケイソウの化石からできた塗り壁用の土のことです。調湿性能、吸着性能、防火性能、防汚性能など、自然素材ならではの性能に優れています。
リビングや個室はもちろん、トイレ・浴室のように臭いや湿気が気になる場所の施工にも適しています。

このような優れた性能に加え、住まいのどんな場所にも違和感なく施工できる豊富なバリエーションが魅力です。

漆喰

漆喰

壁の上塗りや石の接合のため、日本で昔から使用されている壁塗り材です。
家づくりが洋風化するに従い廃れていきましたが、最近その意匠性と性能が認められ次第に需要が復活してきました。

元は消石灰に繊維質と膠着剤を混ぜて練り上げたものなので、化学物質は発生しません。

シックハウス対策に配慮しながら、高級感のある家づくりをお望みの方にうってつけの素材です。
 

京壁

京壁

その名の通り、元々は京都聚楽付近で生産される灰褐色の粘土質の土をいいました。細かい土を散りばめたようなざらざらした質感が仕上がりの特徴です。

和室、茶室、書院などの場所に主に施工され、古きよき日本の伝統を感じさせてくれる内壁用土壁です。